日本でオンラインカジノをプレイすると賭博罪違反で捕まるのか?

近年、日本ではインターネット上で数多くのオンラインカジノが展開されるようになっています。
オンラインカジノは誰でも分かる通り、ギャンブルです。

そのため、オンラインカジノに興味を抱いても、『警察に捕まるんじゃないか?』との不安から二の足を踏む人が少なくありません。
実際に過去、「スマートライブカジノ事件」という、オンラインカジノの利用者が逮捕される事件が起きています。

スマートライブカジノ事件の顛末

スマートライブカジノ事件の顛末

過去、ネット上のオンラインカジノで警察に摘発されたのは、「インカジ」と呼ばれる店舗内で金銭を賭けたギャンブルが行われていたからです。
店舗の経営者や従業員、客が逮捕されていました。

インカジとは、インターネットカジノを略したもので、ネット上で運営されているオンラインカジノを利用して賭博を行う店舗のことです。
現金をチップに交換し、客はそのチップをゲームにベットしてプレイします。

最後に、チップを現金に換金します。
ネットカフェのような形でカジノを運営していることから、「カジノカフェ」とも呼ばれていました。

実は、一般市民が自宅で自分のパソコンからオンラインカジノのスマートライブカジノにアクセスし、日本人ディーラーによる日本人専用のライブブラックジャックをプレイしていました。

警察はブログやSNSの情報からプレイヤーを割り出して「日本国内で賭博が行われている」として逮捕しました。

逮捕されたプレイヤーは略式起訴となりました。
略式起訴というのは軽い犯罪の場合に自ら罪を認めて罰金を払うことで、裁判なしで判決が出るシステムです。

NetBanQ事件では不起訴処分に

2016年2月に決済サービスのNetBanQの運営者が逮捕されたというニュースがありました。

オンラインカジノが利用できる国内口座サービスを運営し客に賭博をさせたとして、容疑者を逮捕しました。
逮捕された1人は以下のことを主張して徹底抗戦した結果、罪を問えないとのことで不起訴となりました。

・賭博罪とはそもそも胴元を処罰するためのものであり、胴元を有罪にできないのに、プレイヤーだけを処罰するのは不当だ。
・プレーしていたブラックジャックのテーブルが日本で運営されいるとするのは妥当ではない。
・オンラインカジノ自体は海外の運営業者が合法の証明となるライセンスを取得している。

不起訴=違法ではない=オンラインカジノは合法と捉えるのは早計で、公判で処罰された例はない「グレーゾーン」と捉えておきましょう。
また、日本の賭博行為に該当するという警察の言い分には、ディーラーが日本人の女性だとか、日本語でサポートしているというものがありました。

しかし、最近のオンラインカジノではCMで放送されていたり、日本女性のディーラーが採用されており、また日本語でのチャットが一般化していることから、警察の言い分はこじつけとしか言えません。

結果的にこの事件以降、ネット上のオンラインカジノでプレーしていた利用者が警察に捕まるということは起きていません。

ネット上のオンラインカジノはグレー

ネット上のオンラインカジノはグレー

日本では競馬や競艇など、公営のギャンブル以外の賭博は認められていません。
それなのに、スマートライブカジノ事件の容疑者が無罪とされたのは、賭博罪を適用するには以下の2つの条件に該当することが必要だからです。

1)罪刑法定主義
罪刑法定主義とは、事前に法律において犯罪の内容や、犯罪に対して科す刑罰が定められていなければならないという考え方です。
裏を返すと、法律に定められていない行為をしても、罪には問われないということです。
実は、日本の刑法にはオンラインカジノに対する条項が全くありません。

2)対向犯
もう1つは、「対向犯」という考え方です。
賭博罪には「必要的共犯」という概念があり、簡単に言うと胴元と客が同じ場で賭博行為をしていることが必要です。
ところが、オンラインカジノを運営しているのは海外業者であり、またネット上の存在であるため、対向犯が成り立ちません。

上記2つのことから、オンラインカジノを罰せる規定が無いために違法にはならず、当然プレーヤーが捕まることもありません。
ただし、あくまでもオンラインカジノを規定する法律が無いだけであって、賭博行為には違いが無いことから「合法」というわけでもありません。

あえて言えば、白でも黒でもない「グレー」となります。
ちなみに、賭博罪というのは胴元を摘発することを目的としている法律です。

オンラインカジノとインカジの違い

刑法に規定の無いオンラインカジノであっても、以下のような利用の仕方をすると賭博と見做されて処罰対象になります。

・日本の業者が日本国内に店舗を設けて、オンラインカジノを提供している。
・不特定の客を集めて、お金を賭けさせている。
・日本の業者が入出金を管理し、客のサポートを行っている。

インカジが警察に摘発されたのは、例え海外業者のオンラインカジノの利用であっても、上記の条件に抵触したからです。
オンラインカジノとインカジの基本的な違いは以下になっています。
(左:オンラインカジノ/右:インカジ)

・運営場所:ネット上のWEBサイト/実店舗内
・運営業者:海外業者/国内業者
・対象者:世界のプレーヤー/日本のみのプレーヤー
・決済方法:決済業者の利用/店舗内での現金授受

まとめ

まとめ

海外業者がネット上で運営しているオンラインカジノは、現状では違法となりません。
ただ、実際にはグレーということであり、合法でもありません。
現在、日本ではランドカジノの設置が政治課題になっており、今後のオンラインカジノに対する国の判断を見守る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です