世界的にも有名なネットカジノが違法行為をしていないと断言できる証拠

「ネットカジノでは一切のイカサマ行為をしていません」「そもそもネットカジノではイカサマができないシステムが確立しています」などとよく聞きますが、ギャンブルである以上、信用できない方も多くいらっしゃるかと思います。

ネットカジノは、インターネット上で行うギャンブルですので、運営側がちょっとプログラムをいじることで、簡単にイカサマができるのではないか?と考えてしまうのは仕方の無いことです。
しかしこれは断言できますが、大手と呼ばれる合法ネットカジノの場合、絶対にイカサマはしていません。

そこで今回の記事では、世界的にも有名なネットカジノが違法行為をしていないと断言できる証拠をいくつかご紹介していきます。
ネットカジノのイカサマ行為に疑心暗鬼気味の方は、是非参考にしてみてください。

ライセンス発行には莫大な費用と時間が必要

ライセンス発行には莫大な費用と時間が必要

ネットカジノとしてインターネット上で運営するためには、ゲーミングライセンスを取得する必要があり、もしこれを持たずにネットカジノを運営すると違法行為となります。
事実ゲーミングライセンスを持たない違法ネットカジノは数多く存在しており、摘発と新規運営を繰り返す、いわゆるいたちごっこ状態にあります。

ではどうしてゲーミングライセンスを取得しない違法ネットカジノが後を絶たないのでしょうか?
その理由は、ゲーミングライセンスを取得するためには、莫大な資金と時間が必要であり、そう簡単に発行してもらえないからです。

合法国の政府やその管轄にある機関によって厳しい審査を行い、全ての条件を満たしてやっと取得できるのがゲーミングライセンスです。
そこまで莫大なお金と労力をかけてゲーミングライセンスを取得したのにも関わらず、イカサマ行為をして剥奪されてしまったら元も子もありません。

イカサマ行為による不法収入では、ゲーミングライセンス取得のお金と時間を取り返すことは到底できないのです。
損失があまりにも大きすぎるため、大手の合法ネットカジノではイカサマ行為は一切していません。

正しく運営しているか第三者機関が徹底監視

正しく運営しているか第三者機関が徹底監視

ゲーミングライセンスを所持し続けるために、サイト内を厳しく監視する第三者機関を義務付けています。
中には義務では無いゲーミングライセンスもありますが、大手と呼ばれる合法ネットカジノでは、自主的に監視を受け、正当に運営しているのをアピールしています。

第三者機関では、イカサマ行為をしていないか?だけではなく、入出金はスムーズに行われているか、ソフトウェアを独自にいじっていないか?なども厳しく監視しています。
さらに定期的に決済表を提出する必要があり、きちんとペイアウト率通りの出方をしているのかもチェックしているのです。
このような厳しい監視状況の中、ネットカジノの運営によってイカサマ行為をする隙間は一切ありません

また第三者機関によりイカサマ行為が指摘されると、ゲーミングライセンスの剥奪にもなるため、先述した通り莫大な損失を抱えてしまうことになります。

導入カジノゲームは別のソフトウェアメーカーが制作

ネットカジノで遊べるゲームは、専門のソフトウェアメーカーが開発し、それをネットカジノの運営側が購入するというスタンスが確立しています。
つまりネットカジノの運営側が独自にゲームを作ることはできなく、イカサマのプログラミングが施されたゲームの開発はできません。

「運営側とソフトウェアメーカーが協力することで簡単にイカサマが可能になるのでは?」と思われるかもしれませんが、ご安心ください、それも一切不可能です。
ソフトウェアメーカーにも第三者機関による監視を受けており、ペイアウト率通りに出るプログラミングがされているかどうかを常にチェックされています。

またゲームの抽選は全てRNGと呼ばれる「乱数発生器」を搭載しているため、プログラミングによって抽選結果を操作することはできません。

人でも多くのプレイヤー確保が必須

ネットカジノのゲームは、非常に高いペイアウト率となっているため、十分な収益を確保するために、1人でも多くのプレイヤー確保が必須です。
ペイアウト率というのは、ベット金額に対していくら払い戻されるのかを示す数値のことで、パーセンテージで表示されます。

例えばペイアウト率80%の場合、10,000円をベットしたら最終的に8,000円が払い戻される計算です。
日本の公営ギャンブルは約75%、パチンコで約80%と言われていますが、ネットカジノは驚異の95~97%という非常に高いペイアウト率を誇ります。
ここまで高いペイアウト率ですと、十分な収益を確保するためには1人でも多くのプレイヤーが必要不可欠で、イカサマが疑われてサイトの評価を落とすわけにはいきません。

このことから、ネットカジノでは一切のイカサマ行為をしていないのです。

まとめ

まとめ

今回の記事では、世界的にも有名なネットカジノが違法行為をしていないと断言できる証拠についてご紹介させていただきました。
ライセンス発行には莫大な費用と時間が必要なこと、正しく運営しているか第三者機関が徹底監視していること、導入カジノゲームは別のソフトウェアメーカーが制作し、1人でも多くのプレイヤー確保が必須であるため、ネットカジノでは一切のイカサマ行為はしていません。

ただしこれは世界的にも有名な合法ネットカジノに通じるもので、違法ネットカジノでは当たり前のようにイカサマ行為が行われていますので絶対に登録してはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です